インターネット回線選びについて

インターネット回線を契約するまでに、私がどのように最適プランにたどり着いたか・まとめ

光にするか、ADSLか

光にするか、ADSLにするか

 インターネット回線を契約する前、私は比較サイトで各プロバイダーの内容を見てみました。その中で、値段、回線速度、付属サービス、キャッシュバック金額、などを検討し、総合的に判断して最適プランにたどり着きました。

 まずは光にするか、ADSLにするかを考えました。私の住む地域は電話局の基地から遠いため、あまり速度が出ません。そのため、光にするメリットはかなりありますが、停電時にひかり電話は使えないとのことなので、災害時のことを考え、ADSLにすることにしました。

それに、光の速度が必要なことはほとんどないので、ADSLで構わないと思いました。光にすれば速度が出て、快適であるのは間違いないのですが、その速度は不可欠なものではないと判断しました。


 ADSLの会社の中で、IP電話がつかないところは除外しました。IP電話は電話料金の節約に不可欠なものなので、ないと困ります。どの地域にかけても市内通話料金並み、というのはたいへんな魅力です。次にADSLのどのプランにするかを考えました。

速度の出ない地域ではありますが、なるべく上のプランにしました。料金がそう大きくは違わないからです。あとは、モデムの保証がしっかりなされているかです。


モデムは買取ではなく、レンタルを利用することにしました。ある程度使ったあとでも、故障したら無料で交換できるところかどうかを調べました。
 最後は料金です。ある程度の期間使った場合、月額いくらになるかを見ました。こうしたことを総合して、最適プランを選びました。